プロフィール

migeru

Author:migeru
こんにちは。
訪問いただきありがとうございます。

仕事柄、毎日帰りが遅いので、ブログをいじるのは、
深夜が多いのですが、寝不足と戦いながらも嵐から日々受ける感動♪を不定期にupさせていただいてます。
大野さん寄りになっちゃうのは大目にみてくださいませ。

お気軽にコメント残していただければ幸いです。
(尚、拍手の所にメッセージをいただいた方には拍手欄にて返信、鍵付拍手メッセージには、イニシャルで通常コメント欄にて返信させていただきます。)


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:そのほか
きた~!ついにココにきましたよ。
ここを書かずにどうする私(笑)

さて、

5時間目は大野先生♪のモシモシの授業です。


長いので隠します。
O:「もしもーし! もしもーし!」
すごいかわいいもしも~しでした。

O:「今から、僕が持っている携帯電話で会場にいる
一人だけ抽選で選んだ方に電話をします。
スタッフさんが一人のお客さんに携帯を渡します。
僕がその方とお話したいと思います。」

かわいいセーラー服姿の女の子にスタッフから携帯が
渡されます。

24ゲートの後ろのほう。私の右斜め後ろのほうでした。
すごくびっくりしてて、でもしっかり答えてましたよ。

いや、渡されることはないでしょうが、
正直、渡されたら困る!と一人ビクビクしてた私
(変に妄想しすぎです)
だってスクリーン丸写しですから。
やっぱりさわやかな学生さんで、会場も穏やかに見守る
って感じでした。


O:「大丈夫ですか?」
って大野さんが声かけます。

O:「今4万5千人の人に見られてます」
って脅かします。(笑)

翔君に余計緊張しちゃうと突っ込まれる大野さん

メモだったかボールペンを片手に持ちながら立ち上がった
女の子をすかさず見て(さすが)

N: 「すごいメモとってくれてるよ!!!」

ちなみに最後にメモったのは?の質問に

女の子:「もしもし・・です」

全:爆笑!


そのあと、名前やどこから来たかを質問し、
ニノから嵐の中で一番誰がすきなのかを
聞くように指令されます。

O:「あっ・・嵐のなかで好きなのは?」
女の子:「大野くんです」←お約束?

そして、大野さんからその携帯をもらえることに。
嵐學のマークがついてて待ち受けもそうみたい。

女の子一生の思い出ですよね♪

ここで、二宮さん
あげちゃうの?15年間で1回もプレゼントもらったこと
ないのに・・と絡みます。

二宮さん女の子に嫉妬してどうする?(笑)
いや・・間違いなく何かはあげてますよね大野さん。
ぼそっと「いろいろあげてるだろっ」って小さく反論。

突然言い出す。

S:「もっしもーし」
O:「もっしもーし」

って、これからずっとモシモシおふざけが・・(笑)

大野さんが、もしもしはいつからあるでしょう?と
嵐生徒に質問します。

なのに、ふざけてるのか、なかなか回答しない生徒たち

O:「そんなに悩む?」
ここ!意外に私はツボでした。ぼそっと不機嫌大野さん(笑)

何時代かなぁ・・のくだりから二宮さん

N:「じゃっいい? いただきました! 少女時代!!」

これっお約束みたいですね。

そのまま大野さんの少女時代が始まります。

O:「ペッチャペッチャペッチャ・ぴゅんぴゅん・・」
変な韓国語です(笑)

みんなにからかわれる大野さん。

O:「わかんねんだよ。からかわないで。
なんか恥ずかしくなっちゃった(*^_^*)」
かわいい♪

答えは明治なんですが、
なぜか、明治を身体で表現。
顎のあたりで右手を折ってポーズする大野さん。

もっと前は?と問われ、腕を顎から高さを胸くらいに
おろす大野さん。

N:「今は? (確信犯! 腕を目の上あたりに)
  じゃっ 少女時代は?」

O:「ポーポーポーポーポー」
どんどん少女時代の歌詞が変になってくる大野さん

すかさず翔さんが
「もっしもーし」
大野さんも 
「もっしもーし」

ふふふ、都合悪くなるともしも~しで場を変えてました。


もともとは、もしもしを使い始めたころは、
電話が高価なもので、お金持ちが電話をかけるため
「おいおい」と言ってかけてたそうです。

それが、電話交換手が間に入ってから
「おいおい」でなくて「申し上げます」
になって、「申し申し」になって「もしもし」に
なったというお話(ごめんなさい こんなだったと思う)


これから4万5千と繋がりたいと思います。ということで
大野さん号令の元 会場の隣の人と手をつなぎます。
号令でつないだ手を万歳!


大野光線を出すという大野さん。

まずは嵐さんたち
既に何度も受けている嵐生徒たちは
いつもと違うリアクションをして大野さんを戸惑わせます。

O:「なんなんだ、お前ら」
N:「人間です」
O:「僕も人間です」
N:「人間はビーム出せません」
O:「僕は出せるんです」

カメハメハのポーズから~
腰に両手を当てて

「は~~~~~~~~~~~~~~~っ!!」

照明が変わって、嵐生徒たちは両手を挙げ
「わ~わ~」とか適当に言いながらて光線にやられる(ふりをする)(笑)

なぜかもう一回を要求するニノ
かなり、体力を消耗するのか
変えるなら今だよと翔君に言われる大野さんですが、
全く変更する気なし。

O:「今までの4回とは違う!」

「は~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ」

またもや光線にやられてひくつく嵐生徒。
その横で、大野さん!!酸欠でよろよろに(笑)

次は観客へ向けてです。
大野光線をステージ上で一周しながら出すとのことで。
「早くなるかも」と早くも弱気(息がもたない?)

「いくよ!
は~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ
!」

ぐるっとウエーブみたいに、手をあげている観客。
360度光線いただきましたよ。

最後まで息がもつか心配でしたが・・
声は最後よろよろでしたけど(笑)


S:「ほら、変えるなら今って言ったじゃん」
O:「二宮ががやれっていったから」

拍手!

4万5千人が一つになれたましたね。
そして、もうひとつは心を通わせるということ。
親や友達、恋人に普段ありがとうと言えてますか?
勇気を出さないと言えないからこそ
メンバーで普段思っていることを言い合いたいと思います。

ということで、5回目は!!
大野さんがありがとうといわれる番でした♪♪


ステージから台に移動する大野さん。
恥ずかしそうな大野さんが可愛かったですよ。



★松本君の大野先生へのありがとう★
まずお辞儀。大野さんもお辞儀。
大野さんに感謝していること。

デビューして12年ですが、
Jrの頃から数えるともっと長い時間一緒に過ごしてきましたね。
デビュー当時、初めて活動するとき、
どういう風にリーダーと接していくのか
正直戸惑うこともあって。
Jrの頃ずっと先輩だったこの人と
どうやって付き合っていけばいいかと。

そんな頃、リーダがすごく優しくしてくれて救われました。
何でも受け止めてくれた。

僕たち嵐が仲いいねとか元気になると言われるのは、
うちのリーダーが大野さんだから。
意見を押し付けるではなく、みんなの意見を聞いて
一番後ろでどしっと引いて見守ってくれていたからだと思います。
いつもありがとう。これからもよろしく!


★櫻井君の大野先生へのありがとう★

大野くんへ
大野君はたまにメールくれます。
ZEROが終わった後届いてます。
「翔君、今日もいい顔してるよ。いけてたよ。」
何年やっても、誰かに見ていてもらえるというのは
励みになります。
たまにくるメール 励みになります。
たまのメールありがとう


★相葉君から大野先生へのありがとう★

おおちゃんへ(大野さん へ?って顔してました)
僕はいろんな所へ行くとメンバーにお土産を買ってくるんですけど。
主にTシャツが多いんですが、
おおちゃんは、メンバーでただ一人必ず着てくれますね。
それを見るとすごく嬉しくて
最近よく見る「ブータン」と書かれたTシャツも着てくれていますね。
見るたびにうれしい。
ジグソーパズルを買ってきた時も一番早く作ってくれたのも
リーダーでした。 ありがとう


★二宮君から大野先生へのありがとう★

大野さんへ

大野さんとは、Jr時代を含め15年の付き合いです。
嵐では12年たちましたが、
私がご飯に誘っても、あなたは一度も首を縦に振りませんね。
だけど、こないだ、Jと3人でご飯を食べる機会があって
仕事のこと、現状のこと、将来のことたくさん話しました。
本当に楽しかったです。
次の日、またあなたとご飯を食べに行きましたね。
二日連続ご飯を食べに行くことは生まれて初めてです。

でもいざ、二人になってみると話すことが全く何もなかったですね。
でも私考えたんです。家に帰って。
ってことは、もうあなたとは、すべて話せてたんだなと。
思えば、移動中や仕事場でいつも話をしていて、
もう話すことはすべて話せていたんだなと思いました

すべてを話せる人というのは非常に貴重な存在だと思います
こういう関係でいられることは、すごく幸せなことだなと思います

またあなたとご飯に行くのは、12年後になると思うけど、
その時もひとこともしゃべらないでいてください。
さとぴっ 、ありがとう。


大野さん・・・感動してるみたいでした。

O:「いや~緊張するね。」
「いや~これいい企画だなぁ。」

の発言に

N:「大野さん企画じゃなくてこれ授業です。」

M:「確認ですが、大野さん泣きそうになってました?」

A?:「松本さんのところからウルウルしてましたよね?」

O:「いや~だめなんですよ。最近涙腺が弱くて
  ここに4万5千人入ってるだけでなきそうになる」

確かにねぇ、、松本さんの言葉私もウルウルでしたもん。
目が涙でキラキラの大野さん ステキでしたよ。

そして最後の大野さんのことば

今は繋がろうと思えば、電話、メール、手紙、いろんな装置があるけど
それの全てのもとは、言葉。

69億人いる中で、一生に出会える人数は
1日に2人として
その中でで、名前を覚えられるのは3000人
名前と顔が一致するのは500人、友達は30人
そして親友は
ステージの僕らと同じ 5人
繋がるのは奇跡です。
ここを出たら伝えたい人 考えてください。
って。じ~ん

大野さんの伝えたいこと。

「大切な人にありがとうをたくさん伝えよう 智」




会場のボルテージが上がったところで、

「ふるさと」です。
スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : アイドル・芸能

コメント

ありがとございます!

初めまして。
いつも楽しくブログ拝見させていただいてます。
今回ね嵐学園レポありがとうごさいます。
まるでその場にいるかのようで、電車の中で読ましていただいてましたが、泣きそうな自分がいました。
その場の雰囲気がヒシヒシと伝わってきてうれしいかぎりです。
お疲れなのにありがとうございます!


ニノ愛とおーちゃんの泣き顔

前回のレポでJ君のありがとうについてコメントしましたが、こちらでニノのありがとうを詳しく見て、胸がつまりた・・・家に帰って、なぜなにもはなせなかったのかを考えるニノ・・・15年も一緒にいるんですよ!それもずっとべったりで!なのに、おーちゃんのことを家で一人でじっくり考える・・・そして、自分が幸せだったと気付く・・・なんてステキなお話でしょうか・・・恋人?家族?
とにかくニノの愛が本物であったことを我々もニノ自信も気が付いたのではないでしょうか・・・そんなふうに思われるおーちゃん・・・J君のコメントにしろ、とにかくあなたはまれにみる幸せですばらしいひとです(涙、涙、涙)そして、「涙腺が弱い・・・観客をみても泣きそうになる・・・」のコメントですが、私は金曜日で1階のステージの左後方だったんです。最初に登場し一列に並んでいるときに、おーちゃんがぐるっと後方をゆっくりとみたんです。その時、私の方を向いたおーちゃんの顔が本当に優しく、かわいらしく、ちょっと泣きそうな顔だったのは、錯覚ではなかったんですね・・・きっと・・・本当に泣きそうな暖かい母のような子供のような顔でした。

大野くんの授業うけたかったです(>_<)大野くんらしさが伝わる内容ですね♪読んだだけでその場にいたような感動を味わえました。感謝します♪本当にありがとうございます(^-^)

sachiさんへ

はじめまして♪
いつも見ていただいているとのこと。
恥ずかしいですが、本当にありがとうございます。
私も大野さんと同じで最近涙腺が弱くて(笑)
大野さんへの松潤の言葉にじわ~、大野さんのソロにじわ~と
大変でした(*^_^*)

是非また遊びにきてくださいませ。

きょこさんへ

こんばんは!
そうですね。松潤の感謝の言葉に反響が多い中、
ニノの言葉ってやっぱり独特ですが、
後からじわ~と考えさせられる話ですよね。
確かに、いつも一緒にいて、でも家に帰っても
ずっと考えちゃう。そんな大野さんの魅力。
嵐の宝なんですねぇ。
金曜日のお話、私も感動しちゃいました。
ありがとうございます。
ラストで言ったことは本当なんですね。
それを見られたきょこさん!うらやましい♪


ゆきさんへ

少しでも雰囲気だけでもお伝えできてよかったです。
本当はもっと詳しく書きたかったんですが・・
一つ書き忘れたことがあります。
相葉ちゃんがいつもTシャツ着てくれてって
言ったとき、最後に
「今日も着てるよ!」って!!
本当に可愛い大野さんです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 大野智 無欲の天才  all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。